>> Google Books

記紀・風土記論究 : 菅野雅雄博士喜寿記念

フォーマット:
図書
責任表示:
菅野雅雄博士喜寿記念論集刊行会編集
言語:
日本語
出版情報:
東京 : おうふう, 2009.3
形態:
687p, 図版1枚 ; 22cm
著者名:
菅野雅雄博士喜寿記念論集刊行会  
内容注記:
葦原水穂国から葦原中国へ 青木周平著
記序は何故「進五経正義表」に依拠したのか 瀬間正之著
古事記冒頭部のヨミ 北野達著
古事記と正倉院文書 : 「乞徴」・「随〜在」・「上件・右件」を手がかりに 中川ゆかり著
古事記「黄泉国」の成立 大脇由紀子著
「黄泉比良坂」追考 植田麦
「白上於天照大御神也是者草那藝之大刀也」について : 草那藝大刀をめぐる古事記の表現意図 松本直樹著
天照大御神と高御産巣日神 : 常世から高天原へ 烏谷知子著
「令取茲成種」考 牛島理恵著
切り伏せられた喪屋 : 迦毛大御神の待遇表現をめぐって 矢嶋泉著
天皇の短命起源神話 松本弘毅著
『古事記』の海宮遊行神話 : 海神の位置づけとトヨタマヒメ歌謡 壬生幸子著
倭建命と美夜受比売の歌謡について 寺田恵子著
ウタの主題提示と歌謡物語の方法 : 『古事記』允恭記・軽太子詠「いた泣かば人知りぬべし・・・」(記82)の把握 阿部誠著
穴穂御子と長田大郎女 志水義夫著
「安康記」目弱王反乱物語について : 「邪心」の解釈を中心に 田中智樹著
手白髪命考 : 継体天皇の大后の背景 山崎かおり著
継体天皇と三島 : 『記』『紀』構想論の一環として 市瀬雅之著
日本書紀における漢籍の利用と引用 毛利正守著
日本書紀の冒頭神話の成りたちとその論理 榎本福寿著
『日本書紀』巻四(いわゆる欠史八代巻)の虚構 松田信彦著
景行天皇記四十年是歳条にみる「懐之以徳」の解釈 大館真晴著
孝徳紀大化五年三月是月条の語るもの : 建皇子の母の死を語る物語 福沢健著
嗤ふ人々 : 『日本書紀』のワラヒと『万葉集』巻十六の「嗤笑歌」について 島田伸一郎著
風土記類文書の成立と伝来 瀧口泰行著
「所造天下大神」の造形 : 祀り、祀られる神として 小村宏史著
播磨国風土記における地名起源・由来記事について : その根拠となったエピソードから考える 原田留美著
『播磨国風土記』揖保郡粒丘条について : 「地名起源譚」の作成 伊藤剣著
『常陸国風土記』多珂郡「サチ争い」説話の意義 谷口雅博著
『肥前国風土記』の用字 : 漢語の使用を中心に 奥田俊博著
豊後国風土記の地名構造 : 遡及志向の歴史観 飯泉健司著
筑後国風土記逸文についての一考察 : 磐井墓条「解部」に関する疑 嵐義人著
乙類風土記から甲類風土記へ : 九州風土記寸考 廣岡義隆著
『続日本紀』における国郡建置・併合・廃止記事 小林真美著
『続日本紀』と聖教(一) : 倭建命と神功皇后の威霊再生年の記事 江口洌著
続日本紀巻八の本文について 北川和秀著
降臨神話におけるニギハヤヒとニニギ : 『先代旧事本紀』天神本紀と『日本書紀』神武紀との関連を中心に 及川智早著
「國造本紀」の成立と構想 工藤浩著
「奉護」考 : 大殿祭屋船命の機能 白江恒夫著
本居宣長の神話的コスモロジー : 「天地図」に描かれた神話世界 橋本雅之著
折口信夫の小説「生き口を問ふ女」の論 上野誠著
葦原水穂国から葦原中国へ 青木周平著
記序は何故「進五経正義表」に依拠したのか 瀬間正之著
古事記冒頭部のヨミ 北野達著
古事記と正倉院文書 : 「乞徴」・「随〜在」・「上件・右件」を手がかりに 中川ゆかり著
古事記「黄泉国」の成立 大脇由紀子著
「黄泉比良坂」追考 植田麦
続きを見る
書誌ID:
BA89943391
ISBN:
9784273035105 [4273035103]
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

菅野, 雅雄(1932-)

桜楓社

菅野雅雄著

桜楓社

犬養孝博士米寿記念論集刊行委員会, 犬養, 孝(1907-1998)

塙書房

菅野, 雅雄(1932-)

桜楓社

もりきよし先生喜寿記念会編

もりきよし先生喜寿記念会

菅野, 雅雄(1932-)

新人物往来社

桂田利吉著, 桂田利吉博士傘寿記念論集刊行会編

法政大学出版局

直木, 孝次郎(1919-), 西宮, 一民(1924-2007), 岡田, 精司(1929-)

角川書店

記念論文集刊行委員会(日本音声学会内)

宮本武之助先生喜寿記念論集編集委員会

日本YMCA同盟出版部

日野開三郎博士頌壽記念論集刊行

中国書店