>> Amazon.co.jp

北村透谷・山路愛山集

フォーマット:
図書
責任表示:
北村透谷, 山路愛山著
言語:
日本語
出版情報:
東京 : 筑摩書房, 1969.6
形態:
428p, 図版 [1] 枚 ; 23cm
著者名:
シリーズ名:
現代日本文學大系 ; 6 <BN00652608>
内容注記:
楚囚之詩 北村透谷著
蓬莱曲 北村透谷著
北村透谷著
我牢獄 北村透谷著
星夜 北村透谷著
宿魂鏡 北村透谷著
「日本の言語」を読む 北村透谷著
当世文学の潮模様 北村透谷著
時勢に感あり 北村透谷著
泣かん乎笑はん乎 北村透谷著
「マンフレッド」及び「フォースト」 北村透谷著
厭世詩家と女性 北村透谷著
粋を論じて「伽羅枕」に及ぶ 北村透谷著
「伽羅枕」及び「新葉末集」 北村透谷著
「平和」発行之辞 北村透谷著
想断々(1) 北村透谷著
想断々(2) 北村透谷著
漫言一則 北村透谷著
松島に於て芭蕉翁を読む 北村透谷著
「油地獄」を読む 北村透谷著
最後の勝利者は誰ぞ 北村透谷著
トルストイ伯 北村透谷著
一種の攘夷思想 北村透谷著
「歌念仏」を読みて 北村透谷著
徳川氏時代の平民的理想 北村透谷著
三日幻境 北村透谷著
各人心宮内の秘宮 北村透谷著
心機妙変を論ず 北村透谷著
処女の純潔を論ず 北村透谷著
他界に対する観念 北村透谷著
秋窓雑記 北村透谷著
鬼心非鬼心 北村透谷著
「罪と罰」 北村透谷著
富嶽の詩神を思ふ 北村透谷著
人生に相渉るとは何の謂ぞ 北村透谷著
山庵雑記 北村透谷著
明治文学管見 北村透谷著
実行的道徳 北村透谷著
復讐・戦争・自殺 北村透谷著
頑執妄排の弊 北村透谷著
人生の意義 北村透谷著
賎事業弁 北村透谷著
内部生命論 北村透谷著
熱意 北村透谷著
国民と思想 北村透谷著
主のつとめ 北村透谷著
客居偶録 北村透谷著
「桂川」を評して情死に及ぶ 北村透谷著
情熱 北村透谷著
哀詞序 北村透谷著
思想の聖殿 北村透谷著
兆民居士安くにかある 北村透谷著
万物の声と詩人 北村透谷著
漫罵 北村透谷著
一夕観 北村透谷著
劇詩の前途如何 北村透谷著
エマルソン小論 北村透谷著
日記・書簡・手記 北村透谷著
現代日本教会史論 山路愛山著
英雄論 山路愛山著
信仰個条なかるべからず 山路愛山著
頼襄を論ず 山路愛山著
明治文学史 山路愛山著
凡神的唯心的傾向に就て 山路愛山著
唯心的、凡神的傾向に就て 山路愛山著
詩人論 山路愛山著
荻生徂徠 山路愛山著
誰か大学と戦ふ者ぞ 山路愛山著
進め光明にまで 山路愛山著
余は何故に帝国主義の信者たる乎 山路愛山著
七博士に与ふる書 山路愛山著
現時の社会問題及び社会主義者 山路愛山著
唯物的歴史観 山路愛山著
北村透谷君 山路愛山著
透谷全集を読む 山路愛山著
夷隈河畔より(抄) 山路愛山著
付録: 北村透谷の短き一生 島崎藤村著
キリスト者としての透谷 笹淵友一著
"戦士・詩人・思想家"の生誕 色川大吉著
愛山山路弥吉君 徳富蘇峰著
山路愛山の文学 平岡敏夫著
透谷と愛山 中山和子著
楚囚之詩 北村透谷著
蓬莱曲 北村透谷著
北村透谷著
我牢獄 北村透谷著
星夜 北村透谷著
宿魂鏡 北村透谷著
続きを見る
書誌ID:
BN03935959
ISBN:
9784480100061 [4480100067]
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

坪内, 逍遥(1859-1935), 二葉亭, 四迷(1864-1909), 北村, 透谷(1868-1894)

筑摩書房

北村透北著, 樋口一葉著

改造社

島崎, 藤村(1872-1943), 北村, 透谷(1868-1894), 坪内, 祐三(1958-), 堀江, 敏幸(1964-)

筑摩書房

山路, 愛山(1864-1917)

平凡社

北村, 透谷(1868-1894), 平田, 禿木(1873-1943), 星野, 天知(1862-1950), 戸川, 残花(1855-1924), 戸川, 秋骨(1870-1939), 馬場, 孤蝶(1869-1940)

講談社

北村透谷著

思潮社

北村透谷, 山路愛山

筑摩書房

北村透谷, 高山樗牛著

新学社

北村透谷, 徳富蘆花著

角川書店

幸田, 露伴(1867-1947), 嵯峨の屋, 御室(1863-1947), 宮崎, 湖処子(1864-1922), 北村, 透谷(1868-1894)

教文館

北村透谷, 樋口一葉著

現代企画室

山路, 愛山(1864-1917), Squires, Graham, 1955-, Ion, A. Hamish

Center for Japanese Studies, University of Michigan