close
1.

図書

図書
瀬戸内, 晴美(1922-)
出版情報: 東京 : 新潮社, 1972.4
シリーズ名: 新潮日本文学 ; 58
内容注記: 続きを見る
花芯
あふれるもの
夏の終り
みれん
雉子
妬心
地獄ばやし
黄金の鋲
墓の見える道
蘭を焼く
花芯
あふれるもの
夏の終り
2.

図書

図書
島崎藤村著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1968.10-1970.1
シリーズ名: 現代日本文學大系 ; 13-14
内容注記: 続きを見る
1: 若菜集
破戒
新生
伸び支度
戦争と巴里(抄)
付録: 島崎藤村の秘密 西丸四方
モデル問題をめぐって 臼井吉見
2: 夜明け前
付録: 島崎藤村論-夜明け前について 亀井勝一郎
『夜明け前』 篠田一士
1: 若菜集
破戒
新生
3.

図書

図書
松村英一 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1973.6
シリーズ名: 現代日本文學大系 ; 94
内容注記: 続きを見る
日記の端より 尾上柴舟篇
さすらひ 尾山篤二郎篇
都市居住者 西村陽吉篇
松倉米吉歌集 松倉米吉篇
青杉 土田耕平篇
やますげ 松村英一篇
靉日(抄) 石原純篇
石榑茂歌集 五島茂篇
すだま(抄) 結城哀草果篇
苔径集 吉野秀雄篇
思想と感情 岡山巌篇
烈風の街 渡辺順三篇
百花 坪野哲久篇
歩道 佐藤佐太郎篇
赤土 山口茂吉篇
天平雲 前川佐美雄篇
群鶏 宮柊二篇
埃吹く街 近藤芳美篇
冬暦 木俣修篇
薔薇祭 大野誠夫篇
風の日に 中野菊夫篇
花冴々 鹿児島寿蔵篇
年譜 解説(久保田正文)
日記の端より 尾上柴舟篇
さすらひ 尾山篤二郎篇
都市居住者 西村陽吉篇
4.

図書

図書
高村光太郎, 宮澤賢治著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1969.9
シリーズ名: 現代日本文學大系 ; 27
内容注記: 続きを見る
道程 高村光太郎著
「道程」以後 高村光太郎著
猛獣編 高村光太郎著
「猛獣篇」時代 高村光太郎著
典型 高村光太郎著
「典型」時代 高村光太郎著
オオギユスト ロダン 高村光太郎著
自分と詩との関係 高村光太郎著
智恵子の半生 高村光太郎著
父との関係 高村光太郎著
荻原守衛 高村光太郎著
春と修羅 : 第一集 宮澤賢治著
春と修羅 : 第二集 宮澤賢治著
よたかの星 宮澤賢治著
どんぐりと山猫 宮澤賢治著
注文の多い料理店 宮澤賢治著
ポラーノの広場 宮澤賢治著
風の又三郎 宮澤賢治著
銀河鉄道の夜 宮澤賢治著
農民芸術概論綱要 宮澤賢治著
付録: 高村光太郎 草野心平著
高村光太郎山居七年 : 山に入るまで 佐藤隆房著
わが生涯 高村光太郎, 高見順著
高村光太郎の回想 伊藤信吉著
宮沢賢治の童話の世界 寺田透著
詩人・宮沢賢治 山本太郎著
道程 高村光太郎著
「道程」以後 高村光太郎著
猛獣編 高村光太郎著
5.

図書

図書
武者小路實篤著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1970.4
シリーズ名: 現代日本文學大系 ; 33
内容注記: 続きを見る
幸福者
真理先生
お目出たき人
友情
愛と死
ユダの弁解
その妹
一日の素盞嗚尊
人間万歳
新しき村に就ての対話
レンブラント其他
牟礼随筆(抄)
付録: 「白樺」創刊前記 稲垣達郎著
「白樺」の文学運動 臼井吉見著
武者小路実篤論 亀井勝一郎著
幸福者
真理先生
お目出たき人
6.

図書

図書
大佛次郎, 岸田國士, 岩田豐雄著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1971.3
シリーズ名: 現代日本文學大系 ; 53
内容注記: 続きを見る
道化師 大佛次郎著
詩人 大佛次郎著
地霊 大佛次郎著
赤帽のすずき 大佛次郎著
スイッチョねこ 大佛次郎著
古い玩具 岸田國士著
チロルの秋 岸田國士著
紙風船 岸田國士著
牛山ホテル 岸田國士著
歳月 岸田國士著
女人渇仰 岸田國士著
カライ博士の臨終 岸田國士著
東は東 岩田豐雄著
朝日屋絹物店 岩田豐雄著
新劇と私 岩田豐雄著
付録: 大佛次郎 河上徹太郎著
岸田国士の生涯 : その一断面 中島健藏著
岩田豊雄 : 劇作家の椅子 岩田豐雄, 尾崎宏次, 戸坂康二, 早川清著
道化師 大佛次郎著
詩人 大佛次郎著
地霊 大佛次郎著
7.

図書

図書
椎名麟三, 梅崎春生著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1971.8
シリーズ名: 現代日本文學大系 ; 80
内容注記: 続きを見る
永遠なる序章 椎名麟三著
自由の彼方で 椎名麟三著
深夜の酒宴 椎名麟三著
ある不幸な報告書 椎名麟三著
神の道化師 椎名麟三著
寒暖計 椎名麟三著
幻化 梅崎春生著
桜島 梅崎春生著
梅崎春生著
輪唱 梅崎春生著
空の下 梅崎春生著
Sの背中 梅崎春生著
突堤にて 梅崎春生著
古呂小父さん 梅崎春生著
紫陽花 梅崎春生著
熊本牧師 梅崎春生著
眼鏡の話 梅崎春生著
寒い日のこと 梅崎春生著
侵入者 梅崎春生著
付録: 椎名麟三論 佐古純一郎著
椎名麟三の風貌 : モンタージュ操作 埴谷雄高著
梅崎春生論 日沼倫太郎著
幻化の人・梅崎春生 遠藤周作著
永遠なる序章 椎名麟三著
自由の彼方で 椎名麟三著
深夜の酒宴 椎名麟三著
8.

図書

図書
大岡昇平, 三島由紀夫著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1969.1
シリーズ名: 現代日本文學大系 ; 85
内容注記: 続きを見る
野火 大岡昇平著
花影 大岡昇平著
朝の歌 大岡昇平著
俘虜記 大岡昇平著
大岡昇平著
仮面の告白 三島由紀夫著
獅子 三島由紀夫著
怪物 三島由紀夫著
遠乗会 三島由紀夫著
真夏の死 三島由紀夫著
美神 三島由紀夫著
橋づくし 三島由紀夫著
女方 三島由紀夫著
鹿鳴館 三島由紀夫著
付録: 戦前・戦中・戦後 大岡昇平, 高見順著
大岡昇平 中村光夫著
私の遍歴時代 三島由紀夫著
三島由紀夫 埴谷雄高著
野火 大岡昇平著
花影 大岡昇平著
朝の歌 大岡昇平著
9.

図書

図書
福澤諭吉 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1972.7
シリーズ名: 現代日本文學大系 ; 2
内容注記: 続きを見る
文明論之概略 福澤諭吉著
学問のすすめ(抄) 福澤諭吉著
一年有半 中江兆民著
続一年有半 中江兆民著
将来之日本 徳富蘇峰著
嗟呼国民之友生れたり 徳富蘇峰著
近来流行の政治小説を評す 徳富蘇峰著
真善美日本人 三宅雪嶺著
偽悪醜日本人 三宅雪嶺著
東洋の理想 岡倉天心著
茶の本 岡倉天心著
基督信徒の慰 内村鑑三著
後世への最大遺物 内村鑑三著
病的愛国心 内村鑑三著
付録: 福沢における秩序と人間 丸山眞男著
福沢の歴史観と愛国論 小泉信三著
故中江篤介君の葬儀に就て 大石正巳著
徳富蘇峰と平民主義 松田智雄著
調和的人生論とその根底 本山幸彦著
次兄天心をめぐって 岡倉由三郎著
内村鑑三と北海道と札幌農学校 下村寅太郎著
文明論之概略 福澤諭吉著
学問のすすめ(抄) 福澤諭吉著
一年有半 中江兆民著
10.

図書

図書
尾崎紅葉 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1970.11
シリーズ名: 現代日本文學大系 ; 3
内容注記: 続きを見る
三人妻 尾崎紅葉著
二人比丘尼色懴悔 尾崎紅葉著
病骨録 尾崎紅葉著
変目伝 廣津柳浪著
今戸心中 廣津柳浪著
浅瀬の波 廣津柳浪著
廣津柳浪著
くれの廿八日 内田魯庵著
社会百面相(抄) 内田魯庵著
油地獄 齋藤緑雨著
かくれんぼ 齋藤緑雨著
あられ酒(抄) 齋藤緑雨著
付録: 尾崎紅葉とその作物 田山花袋著
「三人妻」の人間像 福田清人著
我が尾崎紅葉観 泉鏡花著
父広津柳浪のこと 廣津和郎著
内田魯庵論 猪野謙二著
斎藤緑雨の思い出 内田魯庵著
三人妻 尾崎紅葉著
二人比丘尼色懴悔 尾崎紅葉著
病骨録 尾崎紅葉著